側弯症の手術日記

20代の特発性脊柱側わん症の治療

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

側湾症の手術費用

側湾症の手術費用ってめちゃくちゃ高いんですよね。

手術費用って先生のほうでは何も言わないんですよ。
だから、手術した後の請求書はかなりドン引きでした・・・

いくら三割負担と言ってもかなりの額です・・・

確か1回で200万近かったです。
私は2回手術したので全部で500万くらいかかりました(汗)

嘘みたいな話ですが本当です!

健康保険では、高額医療制度というものがあり何割かお金が戻ってくる制度があります。
あと確定申告をするとお金が戻ってきます。

18歳未満の方だったら自治体でやっている育成医療というものがあり、手術費用がすごい安くなります。

私も18歳未満で手術をしていれば、費用も安くなったし、背骨を金具で止める範囲も少なくて、手術後も違和感無しに生活できたのになと思います。

側湾の手術をする方。いっぱい調べてから手術をすることをお勧めします!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はい、たしかに。
私の場合も10数年まえですが、それでも200万近くかかった気がします。
とんでもない額ですよね。
ときどき、心臓委嘱等でTVを通じて募金・・・というのを見かけますが、人ごとではないと実感できます。
これで保健なんて無かった日には・・・
私も2回手術しました。1回目は、本手術。
2回目は、先生がおっしゃるには、金属の棒を背中に入れt、固定して・・・そのまま一生過ごしても問題ないと言われたのですが、悩んだ末に2回目の手術で取り外してもらいました。記念にその棒欲しかったのですが、主治医曰く、あぁ・・・捨てた…と。

思い起こせば、最初傷口がふさがるまでず~っと巨大な前進ミイラ男のようなギプス固定でした。手術の場所によるんでしょうかね。
違和感は糖分続きますが、傷がふさがって、肉が付きだしたら多少ましですよ。
手術以来背筋が無くなってちょっと困っています。(すぐ疲れて…)

えぬ | URL | 2007年09月03日(Mon)22:29 [EDIT]

えぬさんへ

側湾症の手術はほんとたかいですよね!
高額医療でかなりのお金が戻ってきましたよ。この制度を知るのと知らないとでは大違いですよね!
えぬさんは背中の金属取ったのですね!また歪んでしまうことってないのですか??
私は多分一生金属をいれっぱなしだと思います。
同じ病院で金属を取った手術をした人の話によると、金属を取った方が違和感が無くなってすごいすっきりしたと言っていました。

傷口が塞がるまで包帯でグルグル巻きだったのですね。私の場合は、傷口のところに綿みたいなのをいれられ上からテープで貼っただけでした。

医学の進歩なのですかね。。。

Kayo | URL | 2007年09月04日(Tue)17:27 [EDIT]

高額医療、かなり戻りますね。帰ってきたときはびっくりです。
金属は1年ほど入れたままでした。傷もふさがって、どっちでもいいけど~という話しと、頭の中で、金属入ったままだったらひょっとして、飛行機乗るときに止められるのでは??とふと頭に浮かび、取り外して貰うことを決意しました。(動機が変ですが)
で、術後徐々に背が縮んでいきます。棒を外した殻かどうかは定かではないのですが。気分的に、取り外したら前屈しやすくなったかな? という気…だけですけど。気分的にはすっきりするでしょうね。

思い起こせば、1回目の手術の時は、背骨も削ったから仰向けに寝て、骨が固まるまで1ヶ月動いたら再手術!! と脅されて、1ヶ月後に、ベッドごと移動してぐるぐる巻きにされました。背中から血を抜く管がでていました・・・。
2ヶ月目くらいに起き上がると、みんなが、うごいてる~!!と驚いてくれた記憶がかすかにあります。
手術の箇所や方法によってまた違うのかも知れませんね。
十数年前に比べたら医術は進歩しているでしょう。一番技術の導入が早い分野ですから。

えぬ | URL | 2007年09月05日(Wed)00:51 [EDIT]

えぬさんへ

私も飛行機の金属検査では引っかかるのではないかな!?と思っていたのですが、手術を経験した人に聞いた話によると、飛行機に乗っても金属反応されなかったそうです。

1ケ月ベッドの上で動いては駄目・・・想像を絶しますね。
今の側湾の手術はかなり変わったみたいですね。

Kayo | URL | 2007年09月06日(Thu)11:58 [EDIT]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2009年10月30日(Fri)21:16 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。