側弯症の手術日記

20代の特発性脊柱側わん症の治療

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近思うこと

以前SNSの側わんコミュニティで、整体で側わんの治療をされている方のコメントが載っていました。
そのコメントに対して私は強い感じの言い方で、整体でそくわんが良くなると言う事はありえないので誤解を与えるような事を書かないで欲しいという内容で整体での側わんの治療を否定しました。

なぜこんな風に書いたかと言うと・・・
私も以前、小学校3年の診断で見つかった頃から高校3年生頃まで約10年間親が捜してくれた整体で側わんの治療をしていた経験があります。

私が通っていた整体の治療院のスタッフの方はフレンドリーでとても良い方たちでした。そして、そこの治療院は多くの側わんの患者さんが通っているところでした。

今思えば、整体の治療院のスタッフの方と楽しく話したりした記憶も今は悔しい思い出一杯です。

なぜなら、10年間も通ったのに症状が改善されるどころか側わんの進行も防いでなく結局手術したからです。

10年間私が通っていた整体の人たちにだまされ続けたことになります。
医者の免許もなく、そくわんの詳しい知識もないの人に10年間も治療目的の整体をされていました。
結局わたしは手術するまでの度数になり手術しました。
入院中にも整体に通った揚句、悪化した患者さんを何人もみました。

現在はそくわん症学会というものがあり最新の知識等を知る正式な学会があるにもかかわらず、整体の人たちの側わんの知識はどこから来るのでしょうか。

よく整体にいって背骨の湾曲の度数が改善されたというのは、マッサージによって筋肉の張りがとれたり、直接関節などを動かしたためだと思われます。
あと、よく整体で進行が止まったっというのは、患者さんによって進行するタイプか進行しないタイプに別れるそうです。


手術してよかったことも沢山ありますが、傷口がいまだに赤く膨れていたり、うずくと整体に通っていなければ・・・という思いに駆られてしまいます。


もっと早く側わん症についての正しい知識があればこんなことにはなっていなかったのにと思います。
私が側わん症と診断された小学校3年生の当時はインターネットなどなく情報源はまったくなかったのです。
親が必死になって私の体が良くなるために全国の整体の治療院を探してくれたその気持ちはものすごい感謝しています。

私みたいに悔しい思いにならないようにも自己判断に頼らないで、側わんの専門医による診察を強くお勧めしたいと思います。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
悩むでしょうね。

ご無沙汰です。そろそろ傷も癒えてきましたか?

整体ですが、以前に他のブログで側湾の子を持つ親が情報を集めているというのを見かけましたので、私は普段あまり書き込みをしないのですが、返事したことがあります。
結果的には、知り合いからの紹介があったらしく整体治療を選ばれたようです。
他人の私の意見より、効果があったのでしょう。

医者や整体師ではありませんので、断言はできませんが、治療を受けてから考えると、整体で治療効果があるのであれば、苦しいコルセットや苦痛を伴う手術は要りませんし。
手術で負担が大きいと考えてしまうので、傷も無く、整体で効果がありますよといわれたら悩みますね。

整体で治療と言う話しは、私にもありました。
治療したときは良くなったように感じるようなのですが、側湾症自体の知識が自分にも周りにも無かったのですが、近くの市民病院の先生から紹介があって、整形外科に通うようになりました。

情報も、最近はネットで検索できますが、治療効果が写真で解説されているので、整体で効果がありそうに見えますね。
根本的な治療方法がまだ無いので、コルセットや手術等で外科的に治療するしか有効な方法は無いのでしょうけど、口コミや他人の紹介で言われると、信じてしまうのも分かる気がします。

えぬ | URL | 2008年03月26日(Wed)01:26 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年03月26日(Wed)17:11 [EDIT]

えぬさんへ

お久しぶりです!
更新が滞っているのに来ていただいてありがとうございます!
整体で側わん症を治すという宣伝はよく見ますよね。
もし、整体を受けたら治るといわれてその通りに通ったのに悪化した患者さんが整体師を訴えたらどういう風に戦うのでしょうか・・・

整体は体を手術して治すわけでもなく、体をさすって揉んでいるだけで治るなら皆側わんの患者さんは行きますよね。
けど、側わんの原因は大体判明してきていて、ホルモンによるものなのでいくら整体に通っても治らないみたいです。

側わん患者の弱みを握るような整体のうまい宣伝文句は法で取りしまわって欲しいですね。

kayo | URL | 2008年03月28日(Fri)20:17 [EDIT]

最近は原因も分かりつつあるのですね。手術後はほとんど医者にかかっていませんので、知りませんでした。

整体に意外にも側湾症に限らず、原因が定かではない事に対しては、ほぼ必ずと言って怪しい薬や、方法が出てきますね。
ガンに効く薬と称して効能の無い薬を高く売ったりというのもありますし。

整体自体は診てもらったそのときは良いのでしょうが、側湾に対してはお門違いですね。
これに限らず、救いを求めて情報収集をしている人にいい加減な事をするのは悲しいことです。

側湾症で整体にかかって治療という話はよく聞きますが、、患者としてほ数が少ないようですので、訴訟まではいかないのでしょう。

専門家として仕事をしているのですから、効果がある方法で行って欲しいものです。

えぬ | URL | 2008年03月28日(Fri)23:03 [EDIT]

お久しぶりです。

 以前、何度かコメントさせていただいたじょーです。

 私事ですが、去る2月5日に後方固定術で7時間の手術を無事終え、今は自宅で療養しております。
チタン合金製スクリュー14本と2本のロッド(棒状のもの・・)が入り、59度-50度のカーブが17度-3度になり、身長は4cm増です<笑>

整体の類いは年々増えているように感じます。
 腰痛や背痛のある方には「筋肉をほぐし痛みを和らげる」という観点で、整体が効果を発揮する場合もあるでしょう。(←私がそうでした)
 しかし、その「ほぐし」等の行為で「背骨がまっすぐになる!」というフレーズを掲げた整体サンには、私も???がついてしまいます。
 極端な話ですが…。 整体の[もむ・ほぐす]で側彎症という診断名から誰もがオサラバできたら、硬性コルセットのがんじがらめや 手術で3枚おろし!なんていう方法はとっくに消えている気が・・・しなくもありません;

じょー | URL | 2008年03月30日(Sun)14:07 [EDIT]

ブログでご紹介してもよろしいですか?

こんにちは、
私のブログStep by stepでkayoさんの記載をご紹介したいのですが、よろしいでしょうか?
もしダメな場合は、私のブログのどの記事にでもかまいませんので、辞退というコメントをいただければと思います。一両日お待ちしてコメント記載のないときは、ご承諾いただけたものと考えますので.......... よろしくお願いいたします。
august03

august03 | URL | 2008年04月12日(Sat)08:15 [EDIT]

じょーさんへ

おひさしぶりです!
手術後いかがですか??
身長4cmも伸びたなんてうらやましいですv-33
手術を経験すると整体で側わんが治るなんてうそじゃん!って思いが強まりますよね。実際に整体でなんか側わん治りませんしね。
今後悪質な宣伝文句の整体がなくなればいいですよねえ!

kayo | URL | 2008年04月13日(Sun)22:13 [EDIT]

august03さんへ

はじめまして
以前コメントいただいたとき、august03さんのこと全然知らなかったのでリンクを拒否してしまってすみませんでした。
とても側わんの詳しい方なのですね。
私の記事で役立つならばかまわず載せてください。

kayo | URL | 2008年04月13日(Sun)22:15 [EDIT]

はじめまして。

私のブログにご訪問ありがとうございました。
いつも訪問された方に、コメントはしないのですが、
娘と同じ側わん症で手術をされたということでしたので、
ご挨拶に伺いました。
成人してからの手術ということで大変でしたね。
整体療法に騙されて、
かえって重症になったという話は結構聞きますね。
正しい知識がないと身を守ることは難しい世の中です。
自分の経験も含めて、おかしいことはおかしい、
間違っていることは間違っていると、
発信していくことは大切なことだと思います。
これからも、あなたの経験を伝えていってください。
応援しています。

えんま☆あい | URL | 2008年04月14日(Mon)15:20 [EDIT]

ご無沙汰しております

kayoさん、ご無沙汰しております。
おとなの側弯のくらら@です。
この春、後方式固定術を受けて、S字のWカーブがほぼまっすぐになりました。
整体、ホント悪質なところが増えてますねー。
私も、側弯症の民間療法撲滅キャンペーンに参加中です。

くらら@ | URL | 2008年04月20日(Sun)22:00 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。